BLOG

電動スライダー「SMARTTA SliderMini 2」

2020/9/10

SMARTTA SliderMini 2

どうも、田舎暮らしクリエイターのハチです。
電動スライダー「SMARTTA SliderMini 2」が良かったのでご紹介したいと思います。

なぜ、買ったのか…

三脚固定の動画に飽きたから。

一人、三脚にカメラを固定して撮っているルーティンやキャンプ動画でも同じようなことになるかと思いますが、カメラが動くと印象深い映像になるんですよね。

そこで私もVlogでの表現方法を増やしたくて電動スライダーを探していたのですが、どれも大きくて重い印象でした。持ち運びが苦になってしまうと買っても使わなくなるのは目に見えていたので、とにかくコンパクトなサイズのものを探していました。

ただ、コンパクトとなると動きもコンパクトになってしまうので、表現としてどうなのか?…そこも引っかかり今まで購入を迷っていました。

SMARTTA SliderMini 2

長さ分カメラを動かす

Vlogの手法も固まってきたころ、いよいよ電動スライダーの導入を考えコンパクトなものを探し迷っていたとき、ずっと気になっていた「SliderMini」それがバージョンアップしたのを聞き遂に購入を決心しました。

表現として迷っていたコンパクトな動きは、実際のスライダーの可動域を机の上に定規で印を付け実際にスライドさせた結果、コツを掴めば動きを感じられると分かったので迷いもなくなりました。

「SMARTTA SliderMini 2」の重量は0.57kg、素材はアルミ合金製。非常にシンプルでスライダーの中にバッテリーも内蔵されていて他にバッテリーを準備する必要がないのも決め手となりました。

購入後さっそくVlogでも使用してみました。ハイキングのVlogでしたが軽量だったため持っていっても苦になりませんでした。
下記のYouTube「栃木県日光市 龍王峡」に行ったその時のVlogです。どこで使用しているか探してみてください。ちょっとコツが掴みきれていなくわかりにくいかもしれません^^;

単体で動く

今どきの電動スライダーはスマホと連携して動くのがほとんどですが、逆に言うとスマホがないと動かないということもあります。

しかし「SMARTTA SliderMini 2」は電源ボタンを押す回数で右から左またその逆と単体でも動きます。

スピードは固定ですが、それで問題なければわざわざスマホを準備しなくてもいいのはとても気に入っています。

SMARTTA SliderMini 2

動きをつけるコツは前ボケ

短い距離(スライダーの長さ)で最大限動きをつけるコツは、レンズの近くにモノを置くことかと思います。
まぁそうですよね。電車や車の窓から眺める景色は、遠くのものはゆっくり、近くのものは早く動くのと同じ感じかと思います。

百聞は一見にしかず
今回の動画で「SMARTTA SliderMini 2」のスペックや良し悪しも語ってますが、最後に少しサンプル動画を準備したので、最後だけでもいいので覗いてみてください!

また、細かいスペックなどは公式サイトSMARTTA SliderMini 2よりご確認ください。

これは一人で撮影してる動画クリエイターは持っておいたほうがいいかも!
と、いったところでまた次回(^^)