BLOG

  • カテゴリ:
  • iMac

iMacのSDD × HDD事情

2020/7/21

田舎暮らし フリーランスのiMacのSDD × HDD事情
SSDはiMacの背面に両面テープで固定。意外といい。

どうも、田舎暮らしクリエイターのハチです。
20年以上プロのクリエイターとして活動している私のSDD × HDD事情を共有します。

MacのTimeMachineは信用しちゃダメ。

現在、使用しているPCはiMac 2019になります。
Macを使っている方なら誰でも知っているDataBackup機能、TimeMachine。
昔はそれを信用して、Backup用として一つの外付けHDDを使用していました。

疑うこと無く、TimeMachineを利用してMacを2〜3世代引き継いでリニューアルしてきました。
当時、メインとして使っていたMacBookが突然のブラックアウト(後日リコールと判明します)。サブPCもなかっため仕事にならず、急いで家電量販店に駆け込み即決で購入後、TimeMachineで復元。

TimeMachine用に使ってるHDDと保存用HDD

半日潰してMacを使えるようにセットアップ。大切なDataも元通りで一安心。
やっぱりTimeMachineは使えると思っていました。

後日、過去のDataが必要となりフォルダを開いたら「中身が無い…」
そう、フォルダはBackupされても、中身は空でした。まだらに…。

チェックしましたよ。フォルダまで。
管理上、階層が深くなるので全てチェック出来ていなかったのも原因の一つかもしれませんが、たまたまチェックしたフォルダは全部無事で隣のフォルダは空…。そんな状況、信じられます?

頼みの綱は、MacBook。
はい、すでにリコール出しました。まっさらです。

田舎暮らし フリーランスのiMacのSDD × HDD事情
いっぱいになったHDDはケースに入れて保管

Backupは、3重に

そんな経験から、現在はiMacにDataを残し、外付けHDDにそのDataを手動で定期的にコピー、保険でiMac全体をTimeMachineでBackup。
と言ったように、3重にBackupしております。

現在は全体で、14TB(iMac = 1TB、SSD = 1TB、HDD = 4TB × 3)体制です(改めて計算すると凄い…)
いっぱいになったHDDはケースにいれて保管してます。

また、SSDも購入しやすい価格になったので、作業用として動画の編集など重たいDataはSSDにコピーしてDataの行き来を実行しています。iMacの内蔵Fusion Driveよりも快適になるのと、Dataの管理がしやすくなります。
作業完了後、HDDに保存。

HDDケース
田舎暮らし フリーランスのiMacのSDD × HDD事情

Fusion Driveは買うな

そんなことないですけどね。
巷でよくいわれてますが、それだけで運用すると次第に遅くなるよって話です。Fusion DriveのSSDがいっぱいになるとHDDを使うことになるので、HDD仕様と変わらなくなり遅く感じるということ…私は標準の1TBのFusion Driveですが快適に使えてます。

Mac購入時にSSDにすると1TB = +50,000円(税別)そこまでするのって、動画など重いデータをゴリゴリ制作しているプロとかでしょうかね。あとはゲーム?やらないから分かりませんが、、。
というのも外付けSSDを付けたほうがいいんじゃないか、という考えです。外付けにOSだって入れられるし。iMacって基本メンテンス出来ないんです。壊れること考えるとそんなに投資しなくても良いかなと私は思います。

使ってるSSD
田舎暮らし フリーランスのiMacのSDD × HDD事情
今は+HDD 4TB

Data管理は慎重に

話がそれました…正解はありませんが、何かの参考になりましたら幸いです。